HOME>注目記事>阪奈から自動車学校へ通おう【無料送迎のある教習場が便利】

送迎サービスに注目

自動車学校に通って免許を取得したいと考えていても、最寄りの自動車学校が遠すぎると、定期的に通うのは難しいと困っている人はいるでしょう。そんな時には、無料送迎サービスのある自動車学校を探してみてはいかがでしょうか。阪奈から通う場合でも、最寄りのランドマークまで送迎を行なってくれる学校を選べば、通学に苦労せずに済みます。

無料送迎サービスがある場合とない場合の負担や費用を比較しよう

無料送迎サービスがある場合

文字通り無料で教習場まで送迎してくれるので、余計な交通費がかからずに済みます。また、自分が下車したい地域まで運転手が確実に送り届けてくれるので、乗り換えなどの手間もなく、肉体的な負担も少ないです。

無料送迎サービスがない場合

教習所までの移動費用も自己負担しないといけないので、教習料金だけではなく別途で交通費も用意しておく必要があります。また、移動の時に電車を選ぶと乗り換えなどの手間がかかります。また、自転車で通う場合には、行きと帰り、両方で運転しなくてはならないので、ある程度の疲労は覚悟しておくべきです。

自動車学校が提供するサービス

免許証


自動車学校が提供するサービスは、学科や実技の指導だけではありません。教習所に通う人が快適に学習できるように休憩スペースや学習スペースも充実させている学校が増えています。さらに学科の練習ができるように一人一台ずつPCを利用して学習できるようなスペースを用意している学校もあるのです。また、学生と教官の仲の良い教習所では、教習所主催で季節ごとにミニパーティーを開くというケースもみられます。更に、学科や技能の予約をネットからできるサービスを導入している場所も増えています。

自動車学校入校の流れ

初心者マーク

まず気になる自動車学校が見つかったら、ネットなどで評判をチェックします。そして、評判の良い学校へ資料請求を行ないましょう。自宅に届いた資料にしっかりと読み込み、不明な点があれば質問するべき項目としてメモに残しておくことが大切です。不明点は、電話やメールで問い合わせを行ないましょう。不明な点が解消されたら、いよいよ入校の手続きです。電話やネット、あるいは直接学校に足を運んで入校手続きを行ないます。入校の際に必要なものはいくつかありますが、まず忘れてはならないのが住民票です。そして学生であれば学生証と保健所、成人であれば健康保険証やパスポートなどの身分証を用意しておく必要があります。さらに印鑑も忘れないようにしましょう。規定サイズの写真も必要となってきますが、教習所で撮影してくれるケースもあります。事前に必要書類の漏れがないように、電話やメールで確認をしてから、入校手続きに行きましょう。入校費用に関しては、払い込むタイミングの指定が学校によって異なりますので、こちらも事前にチェックしておきましょう。